下り速度1.2Gbps WiMAX2+W06の不具合! iPhoneユーザーにはお勧めできない理由

2019年1/24にWiMAX2+でファーウェイ製の人気シリーズの最新WiMAXモバイルルーター「W06」が発表されました。発売は2019年1/25です。

発表されたスペックは驚異的なものです。下り速度「1.2Gbps」、「ハイモードアンテナ」等魅力的なスペックが並んでいます。いよいよポケットWifiも1Gbpsを超えた機種が出たというところです。

このW06は本当にお勧めでしょうか?

その特徴と不具合がないかどうかを検証してみました。

私は2019年2月19日に「WiMAX2+長期ご利用得点」というタイトルで、Wi-Fiルーターの機種変更端末代金無料というはがきが来ました。

2月の機種変更受付は2月27日18:00までと8日しかありません。

期間限定であおりますね。

私の契約しているのは、トクトクBBです。

WiMAX2+でデータ通信使い放題は、現在ここしかありません。

ポケットwifi兼、自宅wifiにも使っています。

ちなみに今月は19日で既に63GBも使っています。

比較的ハードユーザーの方だと思います。

今回更新の案内が来た無償機種変更の対象は、

  1. Speed Wifi HOME L02
  2. Speed Wifi NEXT WX05
  3. Speed Wifi NEXT W06

の3機種です。

私の使い方は、家でも使って外でも使う使い方ですから、1.は除外されます。

ちなみに現在使っているwifiがW04で結構気に入っているのですが、下りは440Mbpsです。

2.は今のと速度が変わらないので、あまり帰る意味が感じられません。

一番魅力的なのは、3.のW06です。

今まで、下り440Mbpsだったのが、1.2Gbpsって、ちょっとWifiのイメージを超えています。

アンテナ速度が向上し、W05に比べて受信速度が平均20%アップしたそうです。

この速度だけで、これを買おうと考えました。

ところで、このW06の不具合とかないのだろうかと思って決定する前に調べてみましたらありました。

W06は、iphoneで使用時にiphoneがスリープ状態になると、Wifi接続が切れてしまい、iphoneがスリープ状態から回復した際、再度wifiを手動で接続しなおさなければならなくなります。

またiphoneの起動時にも自動接続してくれる場合としてくれない場合があり、自動接続してくれない場合には手動で接続しなければならなくなります。

iphone以外のアップル製品も同じです。

その内、改良されるかもしれませんが、今のところは直ちに改善するというアナウンスもありません。

ちなみにアンドロイド端末では大丈夫だそうです。

家庭での使用、アンドロイド端末での使用に限る人にはお勧め、iphoneでも使う方は、ちょっと様子を見るか別機種の購入検討をした方が良いかもしれません。

W06は中国のファーウェイの最新WIFIですが、何かと最近話題になっているファーウェイのことですから、iphoneを排除したのだろうかとうがった見方もしてしまいますが、いずれにしろ、iphoneで問題ないかどうかの十分なテストはしてなかったのだろうなと思います。

W06の性能にはとても魅力がありますので、早い時期にソフトの改良等で解決してほしいと思います。

なお、今回の機種変更キャンペーンにあったWX05はそのような不具合は起きていないようです。

なお、GMOトクトクBBの機種変更プランは何の特典もありません。

更新月でなくても解約違約金がかからないというだけです。

どうしても早く手に入れたいというのでなければ、更新月に解約してキャッシュバック付きのプランで契約した方が得かもしれません。

但し、下り1.2Gbpsは魅力ですから、一刻も早く手に入れたいアンドロイド端末の方にはこのプランは良いかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク