2016年12月31日で「SMAP」解散!

エンタメ
スポンサーリンク

8月14日未明にジャニーズ事務所よりマスコミ各社にSMAP解散のFAXが送られた。14日のスポーツ誌は一面この話題になった。

IMG_3273

今年の1月のSMAP解散騒動以来、解散はしないと宣言していたSMAPだったが、やはり解散するようだ。

内容は今年の12月31日をもって、SMAPが解散するとのことだ。
12月31日という解散の日付から考えて、紅白歌合戦での解散宣言が考えられるが、そういうことではないようだ。メンバー全員で出演する唯一のレギュラー番組「SMAP×SMAP」の直近の改編期の9月で打ち切るのは、後番組の準備が困難ということで、お世話になった番組のために次の改編期の年内12月31日までSMAPを続けることにし、同日をもって解散することにしたようだ。

とりあえず、ジャニーズ事務所のFAXの内容とメンバーのコメントの全文を以下に記す。

スポンサーリンク

ジャニーズ事務所のFAXの内容

『いつもSMAPをご支援頂き、有難うございます。これまで皆様に大変ご心配をお掛けしておりましたSMAPの今後の活動につきましてメンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます。またメンバーの意思を尊重し、書面でのお知らせとなりましたことをお許しください。

デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました。

本年1月にSMAPメンバーより事務所に残りグループ活動を存続させたいという意向を受け、事務所一丸となってSMAPをサポートするべく各部署で様々な準備を進め、2月より8月10日まで半年以上の時間をかけて個々のメンバー並びに全員と面談を重ね、例年通りの音楽番組への出演、ファンへの感謝をこめたコンサートの開催、更には冠番組の20周年とCDデビュー25周年を記念したイベントの企画等を提案し、協議を進めて参りました。しかしながら議論を続ける中で「今の5人の状況ではグループ活動をすることは難しい」というメンバー数名からの要望を受け、7月の音楽特番を辞退させて頂いた経緯がございました。8月に入り、待っていて下さる方々の為にも、落ち着いて考える時間を持ち、前向きな状況が整うまでグループ活動を暫く休むことを提案致しましたが、メンバー数名より「休むより解散したい」という希望が出たことを受け、苦渋の選択ではございますが、これまで一生懸命に走り続けた彼らの功績を尊重し、全員一致の意見ではないものの解散したいと考えるメンバーがいる状況でのグループ活動は難しいと判断し、本日の御報告となりました。

25周年のコンサートやイベントを待ち望み応援してくださっているファンの皆さま、そして彼らを今日まで支えてくださった関係者の皆さまのご期待に応えることが出来ず本当に心苦しく、私共の力不足をお詫び申し上げます。誠に申し訳ございません。

本年を持ちましてSMAPは解散させていただくことになりますが5人それぞれの所属が変わることはなく、より一層個人活動につきましては精進して参ります。

彼らの活動を、これまで同様温かく見守っていただけましたら幸いです。

今後ともご支援とご鞭撻の程、なにとぞよろしくお願い申し上げます。

株式会社ジャニーズ事務所 』

メンバー5人のコメント

■中居正広

「ファンの皆様、関係各位の皆様、我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。このような結果に至った事をお許しください。申し訳…ありませんでした…」

■木村拓哉

「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、呑み込むしかないのが現状です。沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。今は言葉が上手く見つかりません」

■稲垣吾郎

「ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。今の状況で五人での活動は難しいと思い、辛い決断ではありますが『解散』という形を取らせて頂く事になりました。どうか僕達の意思をご理解頂けたらと思います。28年間本当にありがとうございました」

■草彅剛

「この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、グループ結成から28年間本当にありがとうございました。今後も精進して参りますので引き続き、温かく見守って頂けると嬉しく思います」

■香取慎吾

「ファンの皆様、そしてスタッフ関係者の皆様。僕らSMAPは解散いたします。応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます」

スマップが解散に至った経緯についての考察

最近のドラマやCMへの露出の低下、SMAPの露出が減る一方、嵐の露出が増えていることなどを見ていると、だんだん露出を減らしていって、そのまま、SMAPの人気をフェードアウトさせて他のグループに乗り換えさせようというのが、ジャニーズ事務所の路線なのかなと思っていたので、9月の契約更新が迫って来て、おそらくこのままということはないだろうと思っていたら、やっぱりという感じだ。

意外だったのは、12月31日に解散するけれど、ジャニーズには契約更新するという話、これは1年間の契約更新だけど、「SMAP×SMAP」の次のクールの終わりが12月31日なので、それまで、ジャニーズにいる必要があるからだろう。今後もずっとジャニーズにいるとは限らない。1年後の9月の契約更新は、メンバーによってはしないかもしれない。

関係者によると、特に前マネージャーの飯島氏を慕っていた香取が、解散騒動以来、木村との溝が深く、解散の希望の意思が固かったとのことだ。

もともと、スマップの解散はIマネージャーから仕掛けた話ではない。

昨年の週刊文春のメリー喜多川さんへの取材で、スマップと嵐が共演しない理由を問われ、突然ブチ切れて、飯島さんを呼び出して、パワハラの嵐で、SMAPを連れて出て行けと言ったのは、メリー喜多川さん自身である。

飯島氏は、その後も締め付けが厳しくなりやめざるを得ない状況に追いやられ、SMAPを連れて出て行けと言われた話をSMAPメンバーに伝え、分離する方向で話を進めていて、SMAP全員であれば受け入れるよという移籍先も見つかったところで、12月になってから木村が自分はジャニーズをやめないという話になって、メンバー全員という話ではなくなったので、移籍先もなくなって、実質移籍ができなくなった。

木村が移籍に難色を示したのは、奥さんの工藤静香に言われたとの話があるが、これは木村が結婚する際、芸能人同士の結婚は問題が起きるとして、工藤静香だけはだめと飯島氏が反対したことによるそうだ。飯島氏は最終的には結婚に同意し、メリー喜多川氏も納得させたとのことだが、結婚に協力してくれたメリー喜多川氏には感謝していたが、飯島氏には冷たかったようだ。

これで、木村は他のメンバーとの間に決定的な亀裂を作ることになる。
木村以外のSMAPのメンバーが飯島氏と一緒にジャニーズを去ろうとしたのは、パワハラで追い出されようとしていた、飯島氏に同情したことと、今まで育ててくれた恩に報いるためだろう。

そもそも、デビュー当時のSMAPは全然売れなかったため、それで、飯島氏に預けられたのだ。そんなSMAPを国民的アイドルに仕立て上げたのは、飯島氏の手腕によるものだ。
飯島氏がいなかったら、今のSMAPはなかったわけなので、恩に報いろうとした、木村以外のメンバーの気持ちは分かる。

マスコミがクーデターというよう言い方をするのを聞くたびに、パワハラ追い出しが、クーデターと全く違う言葉に置き換えられているのに違和感を感じたのは、僕だけではないだろう。

25年も続いていたSMAPが分裂して解散して終わる後味の悪さは、もともとの原因を作ったのが、彼らではなく、権力を持った者の身勝手さによるからだろう。

 

SMAP解散の決定的原因を作ったのは香取ではなく○○だった。

タイトルとURLをコピーしました