電力自由化の料金比較シミュレーションをして見たら、一番安いところは想像以上に節約になることが分かった。

電力自由化
スポンサーリンク

電力自由化が2016年の4月からと迫っています。

各社いろいろなキャンペーンをやって、顧客の取り込みを行っていますが、実際にはどこが一番安いのでしょうか。

価格の比較サイトはいくつかありますが、私は価格コムの電気料金シミュレーションが現在一番使いやすいと思っています。
もっとも、各社のシミュレーションにより、結果が微妙に違うかもしれませんので、複数のシミュレーションを試してみるのが良いと思います。

それと、シミュレーションで比較する上で注意しなければならないのは、各社の電気料金は、契約初期のキャーベーンと合わせた価格なので、継続して使用した場合はどこが一番安くなるかを考える必要があります。

まあ、地域によって、電力会社が違うので、全国一律的どこの電力会社がお得だとは言えませんが、石油系の会社の電力会社は、料金的に有利です。
即ち、火力発電の燃料は石油ですので、それを仕入れ価格で調達できる石油会社は発電のための燃料費を安価に抑えられるので、電気料金を安くできるのです。
もっとも、東京電力も、安価なプランを提供してこれに対抗していますし、電話会社は電話との組み合わせで安くしたりと工夫をしています。

そういうことを考えた上でシミュレーションをやって見てください。

スポンサーリンク

価格コム 電気料金プランシミュレーション

価格.com - 料金プランシミュレーション|電気料金比較
価格.com電気料金比較で、あなたに最適な料金プランをシミュレーションすることができます。電力自由化で続々出てくるガス・携帯電話・インターネットのセット割引にも対応しています。価格.com限定のキャンペーンも実施中。料金プランを見直して電気代を節約!

株式会社カカクコムでは、2014年8月より電気料金シュミレーションサ
ービスを開始していましたが2016年の1月14日に参入事業者の予約受付開始に合わせてサイトを刷
新しました。

このシュミレーションを利用して、私の家の電気料金を調べて見ました。

まず、郵便番号を入れ、所帯人数、平日家にいる人がいるか等を書いて、電気料金の請求書を見ながら使用料を入力します。

うちは、結構電気を使う方なので、月の使用料は1,324kWhでした。

これで電気料金の検索を行った結果はコチラをご覧ください。

価格コム以外のシミュレーション

価格コム以外のシミュレーションのシミュレーションとしては以下のものがあります。
こちらも試してみてください。

エネチェンジ
https://enechange.jp/try/input

電力自由化くらべる君
http://kuraberu.tokyo/calc/

ONEエネルギー株式会社料金シミュレーション

タイトルとURLをコピーしました