1月18日のSMAP解散回避のテレビ会見

エンタメ
スポンサーリンク

スマップ18日夜、フジテレビ系「SMAP×SMAP」の番組の冒頭にSMAPのメンバー5人が緊急生出演してファンへの謝罪と報告がされました。

smap001

SMAPの解散報道以来、始めてのメンバー全員揃っての生放送とあって、日本全国から注目を浴びていましたが、午後10時15分から始まった同番組は、冒頭で「世界で一つだけの花」の歌を歌っているメンバーのビデオをバックに、西山喜久恵アナのナレーションで同番組に届いた8000通のメッセージの一部を紹介から始まりました。

 

そして、その後、メンバー全員がまるで喪服のような黒のスーツで並んで、生放送でのファンへの謝罪と報告が行われました。
冒頭の挨拶と締めの挨拶は木村拓也が行いました。

スポンサーリンク

各メンバーのコメントは以下の通りです

木村拓也【冒頭の挨拶】

今日は2016年1月18日です。先週から、われわれスマップのことで、世間をお騒がせしました。そして、たくさんの方々に、たくさんの心配とご迷惑をおかけしました。このままの状態だと、SMAPが空中分解になりかねない状態だと思いましたので、今日は自分たち5人がしっかり顔をそろえて、みなさんに報告することがなによりも大切だと思いましたので、本当に勝手だったのですが、このような時間をいただきました。

【最後の挨拶】

最後に、これから自分たちは何があっても前を見て、ただ前を見て進みたいと思いますので、みなさん、よろしくお願いいたします。

 

稲垣吾郎このたびは、僕たちのことでお騒がせしてしまい、申し訳なく思います。これからの自分たちの姿を見ていただき、そして応援していただけるように、精いっぱい頑張って行きますので、これからもよろしくお願いいたします。

 

香取慎吾本当にたくさんの方々に心配をかけてしまい、そして不安にさせてしまい、本当に申し訳ございませんでした。(6秒沈黙) 皆様と一緒にまた今日から、いっぱい笑顔を作っていきたいと思っています。よろしくお願いいたします。

 

中井正弘今回の件で、SMAPが、どれだけみなさんに支えていただいているのかということを、あらためて強く感じました。本当に申し訳ございませんでした。
これからも、よろしくお願いいたします。

smap002

瞬間最高視聴率は紅白なみの関東地区37.2%

ビデオリーチの調べによれば、18日の「SMAP×SMAP」の平均視聴率は関東地区31.2%、関西地区29.7%、名古屋地区31.0%、北部九州地区27.1%で、瞬間最高視聴率はメンバー5人が深々と頭を下げた瞬間の22:22頃で関東地区37.2%、関西地区33.8%、名古屋地区36.0%、北部九州地区32.0%で、まるで紅白並みの視聴率でした。いかにこの件に、視聴者が興味を持っているかがうかがわれました。

応援メール読みを担当したキクちゃんことフジ西山喜久恵アナの手の震えが話題に

メンバーの会見が終わった後、CMを挟んで、キクちゃんことフジ西山喜久恵アナの司会により、ファンからの応援メッセージがさらに読み上げられましたが、このときのベテランアナウンサーの紙を持つ手が震えていて、途中でろれつが回らず言葉を噛んだりして、異常に緊張しているのが印象的でした。 一体何があったのだろうと思いました。

キムタクと他の4人のネクタイの違いが印象的でした

キムタクのネクタイが白っぽく他のメンバーのネクタイは黒っぽく、ネクタイの色が何かを象徴しているようでした。

コメントは、稲垣五郎、香取慎吾、中井正弘、草薙剛の順でした。

リーダーの中井が一番左端にいて、コメントも4番目というのも異様でした。
深々とお辞儀をする前に中井が手をつねっているのが印象的でした。

smap003

今回のコメントは、木村拓也に取り持ってもらってジャニーさんに謝罪したと言うことが分かるぐらいで、どういう経緯でそういうことになって、それでどういう結論になって現在どういう状態で、今後どうなるというようなことについては、なにも語られていません。

そもそもSMAP自身がメディアに解散発表していないのに謝罪の必要があるのか

それにしても、今回の解散騒動は、メリー副社長のスポーツ紙へのリークがそもそもの原因です。
タレントを守る側の芸能事務所が、タレントの情報をリークして、それについての事務所側からの謝罪はなく、タレント自身に謝らせるなんていうのはちょっとおかしいです。
情報をリークした者が謝罪すべきではないでしょうか。
まさにジャニーズ帝国の傲慢経営を見た感じがします。

まさしく、原因も今後も語らずただ謝罪すればいいやという感じで、SMAPの解散が回避されたかについてもはっきりとは語られていませんでした。

なんか凄く不完全燃焼な感じです。ファンもSMAPに謝罪してほしいとは思っていないでしょう。

焦燥しきったメンバーの表情を見ていると、権力に屈していやいや謝罪させられているというような印象を受けました。

いずれにしろ、SMAPの解散が回避されたという世論が形成された以上は、ジャニーズ事務所が事務所残留を認めないということはないでしょうから、この会見で、5人の口から解散しないという言葉はありませんでしたが、このような会見が許されたということは、ジャニーズ事務所がSMAP存続を認めたということでしょう。

今後、なんらかのペナルティーが付けられることは予想できますが、これで、ひとまず、SMAPの解散は阻止でき、SMAP存続の途が開かれたと考えてよいでしょう。

ファンの勝利

急速に事態が進展した裏側には、2020年東京パラリンピックの応援をすることになっているグループの解散はイメージが良くないのではと、政財界の大物を通じてグループが存続を事務所側に働きかける事態にもなっていましたが、ファンによる解散回避のための「世界で一つだけの花」の購買運動など、ファンの声が無視できなくなったことが大きいでしょう。

関係者の話によると17日に木村がジュリー副社長と話し合ったが、これは今後どういう形でグループを存続させていくかの最終確認だったとのことです。
そして、18日にジャニーさん及びメリー副社長に4人のメンバーが謝罪したということです。

国会で感想が求められた安倍総理答弁は

参議院予算委員会の国会中継で民主党の斎藤嘉隆氏が質問の冒頭でSMAP解散回避について安倍総理に通告外ですがと断って安倍総理質問をして、安倍総理が『なかなかこれは政治の世界でもそうなんですが、同じグループが長年続いていく上においては様々な課題もあるんだろうと思います。しかし、多くのファンの方々の期待にまた願いSに答えてグループが存続するということは、よかったのではとこういう風に思っております。』と答えていました。


15日には石波茂 地方創生担当相も存続を願っているとコメントしていたりで、SMAPの存続には大臣もかなり興味を持っていたようです。

タイトルとURLをコピーしました